2006年01月30日

電卓の使い方

【メモリーキー】
メモリーキーは、別の所に一時的に記憶しておくキーです。
電卓に、「M+」、「M−」、「CM」、「RM」というキーがあります。

例えば、2×3 と 2×4 の合計を出したいときは、

2 × 3 = 6
2 × 4 = 8
6 + 8 = 14

とやると時間がかかるので、

2 × 3 M+ 2 × 4 M+ RM

で14が出ます。

メモリーキーを使う前には、いったんメモリーをクリア(CMキー)する習慣をつけた方がよいでしょう。


【定数計算】
これは同じ数字を連続してかけたり、同じ数字で連続して割ったりするときに便利です。

掛け算でいうと、

100×0.8=80
200×0.8=160
300×0.8=240

という計算を、

(シャープ製等)
.8 × 100 = 80
200 = 160
300 = 240

同じ数字(0.8)を先に押すのがポイントでしょうか。

(カシオ製等)
.8 × × 100 = 80
200 = 160
300 = 240

シャープ製と基本的には同じですが、「×」を二度押す必要があります。
「×」を二度押した後に画面のどこかに「k」の文字がでます。

割り算の場合は、

100 ÷ 1.05(3)←三乗です

という計算を、

(シャープ製等)
100 ÷ 1.05 = = =86.383………

(カシオ製等)
1.05 ÷ ÷ 100 = = = 86.383………

やはり割る数字を先にもってきて、「÷」を二回押すと、画面に「K」の文字が。
って、今、手許にシャープ製しかありませんので、違ってたらご指摘お願いします。
これは、割引価値(退職給付引当金、キャッシュ・フロー見積法等で使用)の計算にとっても便利です。
posted by 簿記論講師 at 21:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 小道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉぉ、これは再発見!!!

前に、聞いたことのある様な気がしたけど、やり方をすっかり忘れていました。

使えますね、特にキャッシュフロー見積法の計算に。ちゃんと覚えるようにしないと・・・
Posted by kensuke at 2006年01月31日 00:35
割引現在価値の計算には、威力を発揮すると思います。
ぜひ、ご活用ください!!
Posted by 講師 at 2006年01月31日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

退職給付引当金
Excerpt: 退職給付引当金退職給付引当金(たいしょくきゅうふひきあてきん)とは、将来の支出額である退職給付の見込額のうち、当期以前の期間に費用として負担させた金額を表す貸方項目である。.wikilis{font-..
Weblog: 会計・財務の基礎用語
Tracked: 2006-02-03 03:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。