2007年04月16日

税理士試験 簿記論 分野別出題傾向と対策(研究開発費・ソフトウェア)

(1)ブログ内記事のご案内
「税理士試験簿記論講師日記内」テキスト記事一覧(研究開発費・ソフトウェア)


(2)過去の出題傾向と対策
平成17年 第3問 市場販売目的のソフトウェア・研究開発費
平成16年 第2問(個別) 市場販売目的のソフトウェア
平成15年 第3問 使用目的のソフトウェア

いわゆる新会計基準のうちでも、金融商品、退職給付、税効果あたりに比して、やや重要性は低いといってよいでしょう。
しかし、結果としてよく出題されています。
正直、もうお腹一杯という気もします。
しかし、独立の会計基準のある項目になりますので、出題事績にかかわらず、学習しなければならない部分といってよいでしょう。
くれぐれも昨年出題されているからといって学習しないということのないようにしておきましょう。
posted by 簿記論講師 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 分野別傾向と対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。